昭和41年の台風21号

災害年月日
1966年09月17日
市町村
徳島県三好市(東祖谷山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和41年(1966)9月17日~18日の台風21号と秋雨前線により集中豪雨が発生し、大西のザレ大となる。また、岩舟で土砂崩れ2箇所。 次いで24日の台風24号により、岩舟で土砂崩れ、久保で県道決壊。
Googleマップ
参考文献
東祖谷山村誌編集委員会編「東祖谷山村誌」(東祖谷山村誌編集委員会、1978年)、59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂崩れ
NO.
徳島840

よく似た災害

昭和38年の台風3号

昭和38年(1963)6月13日、台風3号により、柏崎で土砂崩れが発生し、2人が下敷きになるが救出された。 続きを読む

昭和33年2月の大雨

昭和33年(1958)2月1日~2日、低気圧が土佐沖を通過したため、全県下で強雨となり、特に西部、中部に集中した。2日の雨量は高岡、須崎、窪川で100... 続きを読む

昭和40年の台風24号・25号

昭和40年(1965)9月15日~17日の台風24号・25号により、県道菅生・三縄線の8箇所決壊、山崩れが発生。 続きを読む

昭和33年の大雨

昭和33年(1958)2月1日~2日、低気圧が土佐沖を通過したため、全県下で強雨があった。特に西部、中部に集中し、2日の雨量は高岡、須崎、窪井で100... 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号・25号

昭和40年(1965)9月10日の台風23号、13日~17日の台風24号・25号の来襲は、県下史上最大の水被害をもらたし、人的・物的被害も多大となった... 続きを読む