昭和41年の豪雨

災害年月日
1966年09月16日
市町村
徳島県三好市(西祖谷山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和41年(1966)9月16日、豪雨のため、県道菅生・三縄線が各所で決壊、山崩れにより通行不能となり、西祖谷山村は孤立状態になった。
Googleマップ
参考文献
西祖谷山村史編纂委員会編「西祖谷山村史」(西祖谷山村、1985年)、544頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 山崩れ 孤立
NO.
徳島846

よく似た災害

平成11年の長雨

平成11年(1999)6月29日、梅雨の長雨に伴い、町内では財田上戸川の柿畑が崩壊するとともに、林道2箇所(財田上塔重、財田中長野)が土砂崩れにより通... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日の台風6号により、鬼籠野で最大1時間雨量78ミリ、総雨量528ミリとなった。県道徳島剣山線、石井神山線などは道... 続きを読む

昭和61年7月10日の山崩れ

昭和61年(1986)7月5日から10日まで、梅雨前線が停滞して雨が降り続いた。総降水量は宍喰で106ミリであった。降水量はそれ程多くはないが、地盤の... 続きを読む

昭和45年9月の集中豪雨

昭和45年(1970)9月21日、須崎市を中心に局地的な集中豪雨となった。須崎市の雨量は210ミリとなり、床上浸水30戸、床下浸水370戸の被害が出た... 続きを読む

平成元年3月の風雨

平成元年(1989)3月3日から4日にかけて、風雨が強まった。総降水量の最大は宍喰で214ミリで、日降水量の最大は東祖谷山村京上で4日に101ミリを観... 続きを読む