天平6年の地震

災害年月日
0734年05月14日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
天平6年(734)4月7日、地震により、死者山崩れ多し(伊賀地方か)。(「理科年表」による)/「続日本紀」に「百姓の家壊れ圧死者多く山崩れ河ふさぎ地往々裂けあげて救うべからず」とあり、「阿波志」にも同文を載せているが、震央が遠くまた非常に強くなかったので本県への影響は少ないと思われる。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、2頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 理科年表 続日本紀 阿波志
NO.
徳島853

よく似た災害

天平6年の地震

天平6年(734)4月7日、地震により、死者山崩れ多し(伊賀地方か)。(「理科年表」による)/「続日本紀」に「百姓の家壊れ圧死者多く山崩れ河ふさぎ地往... 続きを読む

天武13年の地震

天武天皇13年(684)10月、大地震が起こった。九州、四国で非常に大きな被害を受け、1,500町歩の土地が海に沈んだとも言われ、津波や地殻変動で一千... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震が発生。有史時代最大の地震と言われ、土佐国内で亡所浦61、半亡所浦4、流家11,067軒、壊家5,608... 続きを読む

天平6年の地震

天平6年(734)4月、大地震。阿波志は「家がこわれて圧死する者多く、山はくずれて川をふさぎ、地の裂けるもの数えきれない」と伝えている。 続きを読む

慶長元年の地震

慶長元年(1596)閏7月12日、大地震により、薬師寺(余土村)の本堂、仁王門が崩れたと言い伝えられている。(「伊予温故録(薬師寺記録)」による) (... 続きを読む