昭和4年7月の干ばつ

災害年月日
1929年07月10日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和4年(1929)7月10日の梅雨明けより8月中旬の台風来まで、中間に一週間くらいの雨天はあったが、雨量は少なく、全般に水不足となり、なお炎暑強く、平年に比べて1度位の高温となった。/干。(「山城谷村史」による)
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、70頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山城谷村史
NO.
徳島912

よく似た災害

昭和4年7月の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日の梅雨明けより8月中旬の台風来まで、中間に一週間くらいの雨天はあったが、雨量は少なく、全般に水不足となり、なお炎暑強く、... 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日~9月19日、夏型の天気となり、雨量は少なく、稲作その他全般に水不足に悩まされた。甘藷は不作であった。(「愛媛県史概説」... 続きを読む

昭和31年7月の干ばつ

昭和31年(1956)7月中旬から8月上旬にかけて、県下全般に水不足となり、飲料水にも不自由をする市町村も出た。特に嶺北山間では水田30町歩が枯死した... 続きを読む

昭和31年~32年の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から翌32年1月13日まで、高知では64日間無降水で、電力事情は悪化し、井戸水は涸れ、水道水は不足して麦、野菜等農作... 続きを読む

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から1月13日まで、高知では64日間無降水となり、水不足のため、麦、野菜等の農作物に被害が出た。また、県下ではインフ... 続きを読む