昭和7年の秋霖

災害年月日
1932年09月02日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和7年(1932)9月2日から16日までほとんど連日の降雨となり、毎日の雨量は非常に多いという程ではなかったが、合計雨量は200~350ミリとなり、海部郡では被害が出た。また、東祖谷山村では13日来数回の山崩れがあり、県道10m余り崩壊して数日間交通途絶した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、75頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
秋霖 山崩れ 交通途絶
NO.
徳島913

よく似た災害

昭和7年の秋霖

昭和7年(1932)9月2日から16日までほとんど連日の降雨となり、毎日の雨量は非常に多いという程ではなかったが、合計雨量は200~350ミリとなり、... 続きを読む

明治32年の秋霖

明治32年(1899)9月20日から30日の連続降雨があった。特に22日は豪雨となり、徳島239.8ミリ、市場462ミリを記録した。9月の合計雨量は多... 続きを読む

明治32年の秋霖

明治32年(1899)9月20日から30日の連続降雨があった。特に22日は豪雨となり、徳島239.8ミリ、市場462ミリを記録した。9月の合計雨量は多... 続きを読む

昭和4年の秋霖

昭和4年(1929)9月4日から悪天候が始まり、10月上旬まで続き、総雨量は過多とは言えないが、日照時は少なく、水稲収穫に多少影響した。 続きを読む

昭和4年の秋霖

昭和4年(1929)9月4日から悪天候が始まり、10月上旬まで続き、総雨量は過多とは言えないが、日照時は少なく、水稲収穫に多少影響した。 続きを読む