昭和30年の地震

災害年月日
1955年07月27日
市町村
徳島県那賀町(上那賀町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
昭和30年(1955)7月27日10時21分、那賀川上流を中心に震度5の地震があった。震源付近の宮浜、平谷、木頭の各村及び海南町で山・崖崩れが多数起こり、宮浜村では死傷者も出た。被害は死者1人、負傷者5人、山崩れ20箇所、トンネル崩壊1箇所、道路11箇所に及んだ。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、131-132頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 宮浜村 死者 山崩れ
NO.
徳島949

よく似た災害

昭和30年の地震

昭和30年(1955)7月27日10時21分、那賀川上流を中心に震度5の地震があった。震源付近の宮浜、平谷、木頭の各村及び海南町で山・崖崩れが多数起こ... 続きを読む

明治20年の台風

明治20年(1887)10月19日、暴風雨により、竹奈路村で山崩れが起こり一家5人が死亡し、今井村で出水が甚だしく1人溺死し、小浜村ほか12箇所で田畑... 続きを読む

昭和30年の地震

昭和30年(1955)7月27日午前10時21分頃、那賀川上流を中心に震度5の地震があった。震源地付近では死傷者も出た。 続きを読む

昭和43年の地震

昭和43年(1968)8月6日、愛媛県西岸を震源とするM6.6の地震により、一時停電約120,000戸、負傷者15人、道路損壊13箇所、山崩れ・崖崩れ... 続きを読む

嘉永6年の大雨

嘉永6年(1853)5月17日から18日にかけて大雨が降り、木浦村では所々の川土手が切れて、特に持越、福浦、洗足あたりの田が砂に埋もれ、和田谷3箇所で... 続きを読む