昭和34年の台風18号

災害年月日
1959年10月18日
市町村
徳島県
災害種類
土砂災害  
概要
昭和34年(1959)10月18日、台風18号により、県内では大した風雨にならなかったが、県西部で山崩れが2箇所発生した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、142頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
徳島971

よく似た災害

昭和34年の台風18号

昭和34年(1959)10月18日、台風18号により、県内では大した風雨にならなかったが、県西部で山崩れが2箇所発生した。 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月、台風5号により舟入川の高潮の被害も起こった。高知県西部では大被害となったが、大津では昭和45年・47年の水害ほどの被害には... 続きを読む

平成7年7月2日の大雨

平成7年(1995)7月2日~5日、停滞前線により、強い雨が降った。総降水量の最大値は東祖谷山村京上で362ミリ、日降水量は木頭で4日に143ミリを観... 続きを読む

昭和41年6月1日の大雨

昭和41年(1966)6月1日6時、台風3号が九州南沖に接近したが、熱帯低気圧に衰え、四国沖を東進した。大した影響はなかったが、山崩れが3箇所で起こっ... 続きを読む

昭和41年6月1日の大雨

昭和41年(1966)6月1日6時、台風3号が九州南沖に接近したが、熱帯低気圧に衰え、四国沖を東進した。大した影響はなかったが、山崩れが3箇所で起こっ... 続きを読む