昭和37年の少雨

災害年月日
1962年02月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和37年(1962)2月から3月にかけて寡雨の状況が続いた。那賀川上流の長安口ダムは底をつき、この地方の杉苗1万本が全滅、20万本が枯死寸前となった。
Googleマップ
参考画像
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、156頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
少雨 長安口ダム
NO.
徳島979

よく似た災害

昭和37年の少雨

image

昭和37年(1962)2月から3月にかけて寡雨の状況が続いた。那賀川上流の長安口ダムは底をつき、この地方の杉苗1万本が全滅、20万本が枯死寸前となった... 続きを読む

昭和34年の干ばつ

昭和34年(1959)6月11日~7月7日、干天が続いた。6月雨量が平年並みのところは土佐清水付近のみで、一般には50%程度、特に北東山地では30%程... 続きを読む

昭和40年2月の少雨

昭和40年(1965)2月11日から4月12日まで降雨が少なく、水不足のため水稲2期作の植え付けが遅れ、水道もピンチに陥ったが、4月13日以後の降雨で... 続きを読む

昭和4年1月の少雨

昭和4年(1929)1月の雨量は10ミリ程度で、2月も28日の大量降雨を除けば20ミリ前後で、2ヶ月少雨が続いたため水不足になったところも出た。 続きを読む

昭和15年の少雨

昭和15年(1940)、年間を通して少雨となった。平年よりも多いのはわずかに6月のみであった。/雨乞い数回。(「木頭村誌」による) 続きを読む