昭和37年4月の大雨

災害年月日
1962年04月03日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和37年(1962)4月3日、発達した低気圧が日本海を通り、風雨が強まった。海上交通は大混乱し、国鉄土讃線は岩原~豊永間で土砂崩れが起き、列車の運行は停止した。鳴門市大津、阿南市長生では河川の増水で堤防が決壊寸前となり、地元民百数十人が水防作業のため出動し、応急作業を行った。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、157頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 国鉄土讃線 土砂崩れ 水防活動
NO.
徳島980

よく似た災害

昭和37年4月の大雨

昭和37年(1962)4月3日、発達した低気圧が日本海を通り、風雨が強まった。海上交通は大混乱し、国鉄土讃線は岩原~豊永間で土砂崩れが起き、列車の運行... 続きを読む

嘉永2年の酉の水

嘉永2年(1849)7月8日から11日まで大風雨が続き、「蜂須賀家記」によると「水は勝瑞村一円に溢れ、人家が漂流した」とある。旧吉野川筋の板東村(鳴門... 続きを読む

大正12年の大雨

大正12年(1923)7月11日~12日、梅雨前線のため豪雨となり、県下の各河川は増水し、特に中予・南予に大きな被害をもたらした。温泉郡では重信川、石... 続きを読む

昭和63年8月の大雨

昭和63年(1988)8月12日夜から13日早朝にかけて、県南部を中心に大雨となった。総雨量は宍喰334ミリ、木頭287ミリ、阿南市太竜寺山252ミリ... 続きを読む

昭和6年9月の洪水

昭和6年(1931)9月26日、台風による豪雨のため、日和佐川は増水して各所の堤防が決壊し町中が一気に浸水した。右岸では西河内小学校上手で堤防が数十間... 続きを読む