昭和37年の干ばつ

災害年月日
1962年09月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和37年(1962)9月~10月、台風の影響が全くなく、深刻な水不足となり、電力は底をついた。また、阿波郡を中心とする吉野川北岸地区は農作物の干害が続出し、陸水稲、野菜、果樹の被害額は2億5千万円にのぼった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、158頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島982

よく似た災害

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)9月~10月、台風の影響が全くなく、深刻な水不足となり、電力は底をついた。また、阿波郡を中心とする吉野川北岸地区は農作物の干害が... 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)9月~10月、干害により阿波郡を中心として吉野川北岸で農作物に被害。(徳島気象台の記録による) 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)9月の降雨量は49.5ミリで平年の5分の1、10月は52ミリで平年の4分の1となり、吉野川北岸地域では陸稲、水稲、野菜、果樹に大... 続きを読む

平成6年の干ばつ

平成6年(1994)7月、降水量が少なく、18日には愛媛県渇水対策本部が設置された。菊間町でも、7月15日の干害被害状況調査で、柑橘、キウイ、野菜につ... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月~8月、干ばつが特に東予、中予で著しく、農作物に多大の干害が出た。 続きを読む