昭和40年の台風15号

災害年月日
1965年08月06日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和40年(1965)8月6日4時過ぎ、台風15号が熊本県に上陸し、周防灘に入り、山口県を通り12時に日本海に抜けた。雲早山の総降水量は151ミリで、徳島県への影響は弱かったが、山崩れが1箇所あった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、178頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
徳島990

よく似た災害

昭和40年の台風15号

昭和40年(1965)8月6日4時過ぎ、台風15号が熊本県に上陸し、周防灘に入り、山口県を通り12時に日本海に抜けた。雲早山の総降水量は151ミリで、... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日18時半頃、台風20号が紀伊半島に上陸し、富山港に抜けた。徳島の最大瞬間風速は西北西31.6m/秒であった。総降水量は... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日18時半頃、台風20号が紀伊半島に上陸し、富山港に抜けた。徳島の最大瞬間風速は西北西31.6m/秒であった。総降水量は... 続きを読む

昭和41年の台風19号

昭和41年(1966)9月9日、台風19号が豊後水道を通過し、広島県東部に上陸、鳥取県東部を経て日本海に入った。県内の最多降水量は雲早山の254ミリで... 続きを読む

昭和41年の台風19号

昭和41年(1966)9月9日、台風19号が豊後水道を通過し、広島県東部に上陸、鳥取県東部を経て日本海に入った。県内の最多降水量は雲早山の254ミリで... 続きを読む