昭和57年の台風10号

災害年月日
1982年08月01日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和57年(1982)8月1日、台風10号により、風雨が強まった。1日15時30分頃、半田町の蔭名~小野間で山肌が崩壊し、2日1時頃、池田町西山の香川用水取り入れ口西方200mの山肌が崩壊した。道路では県道11箇所、市町村道5箇所、農林水産施設では上勝町、神山町、佐那河内村等で畦の損壊、水路や農道決壊19箇所、農作物では鳴門市、松茂町、北島町で蓮根14ha、梨273haに倒伏や落果の被害のほか、海上交通や航空便に欠航が生じた。海南町大里海岸では髙波により臨海学校の3人が行方不明となった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、289-290頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 大里海岸 髙波 行方不明
NO.
徳島1058

よく似た災害

平成7年の土砂災害

平成7年(1995)7月4日、高須の国道32号脇の山肌が崩壊した。 続きを読む

平成3年6月の山崩れ

平成3年(1991)6月8日~10日、県南部を中心に強い雨が降った。総降水量の最大値は宍喰で368ミリ、日降水量の最大値は宍喰で9日に321ミリを観測... 続きを読む

昭和60年8月の大雨

昭和60年(1985)8月12日、所々で積乱雲が発達し、徳島市から海部郡、那賀郡にかけて雷を伴った大雨が降った。特に海部郡の山間部では雷を伴って短時間... 続きを読む

昭和63年の落石

昭和63年(1988)8月12日午後2時20分頃、幡多郡大月町才角の国道321号で、道路沿いの山肌が突然崩壊し、落下した数戸の岩塊のうちの一つが走行中... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月18日、台風5号は九州を横断し、御荘町付近に再上陸した。内海村では、18日朝から最大風速25m程の南東の暴風が吹き荒れ、午前... 続きを読む