昭和62年の台風19号

災害年月日
1987年10月16日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和62年(1987)10月16日~17日、台風19号により、降水量は神山町旭丸で477ミリ、上勝町福原旭で398ミリ、木頭で358ミリを観測した。最大瞬間風速は徳島で17日0時30分に南東36.7m/秒を観測した。この強風により、アパートの屋根が飛ばされ、街路樹や電柱が倒れ、鉄道では高徳線など合計20本余りが運休した。また、雨により、阿波町などで13戸が床上浸水し、石井町など147個が床下浸水した。田畑の冠水は2,700haで被害額は65億6,580万円であった。土砂崩れなどで県下62箇所で交通規制が行われた。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、325-326頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 強風 大雨 土砂崩れ
NO.
徳島1078

よく似た災害

昭和39年の大雨

昭和39年(1964)6月24日~26日の大雨により、祇園町三丁目で下水が道にあふれ、民家約100戸が床下浸水したほか、弥生町、朝美町、山西町などで市... 続きを読む

昭和50年9月の雷雨

昭和50年(1975)9月18日、雷雨により、市場町、石井町などで1,400戸が停電した。 続きを読む

昭和50年9月の雷雨

昭和50年(1975)9月18日、雷雨により、市場町、石井町などで1,400戸が停電した。 続きを読む

平成元年の台風17号

平成元年(1989)8月26日~27日、台風17号により、総降水量は神山町旭丸で426ミリ、日降水量は27日に旭丸で338ミリを観測した。最大瞬間風速... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)9月14日、暴風雨により土器川、金倉川が氾濫し、土居町、風袋町、瓦町、上金倉、下金倉などでは家屋が床上浸水したところがあった。 続きを読む