天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)10月14日、大地震が発生した。白鳳の地震とも呼ばれている。徳島県自然災害誌によれば、歴史に残っている南海道地震最古のものだということである。「大日本地震資料」には「諸国地大ニ震フ、就中、土佐国最モ激烈ヲ極メ、田苑五十余万頃没シテ海ト為リ、伊予国ノ温泉亦屏止セリ、コノタ京都ヨリ東方ニ鼓ノ如キ鳴響アリ」と記されている。
Googleマップ
備考
原資料では天武天皇12年となっているが、天武天皇13年に修正した。
参考文献
奥村清ほか著「徳島 自然の歴史」(コロナ社、1998年)、152頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
白鳳地震 津波 大日本地震資料 死者
NO.
徳島1154

よく似た災害

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、「続日本記」によると、「土佐国の田苑五十余万頃(五十万町)没して海となる」と記されている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震。日本書紀によると、この地震で土佐国田苑五十余万頃(一頃は16.5㎡)が海に没した。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震。日本書紀によると、この地震で土佐国田苑五十余万頃(一頃は16.5㎡)が海に没した。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日22時頃、地震が発生した。日本書紀には「人定(亥の刻)に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日22時頃、地震が発生した。日本書紀には「人定(亥の刻)に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則... 続きを読む