昭和29年の大西の崩壊

災害年月日
1954年00月00日
市町村
徳島県三好市(東祖谷山村)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和29年(1954)、豪雨により、東祖谷山村大西で崩壊が起こった。
Googleマップ
参考画像
参考文献
寺戸恒夫/編著「徳島の地理ー地域からのメッセージー」(徳島地理学会、1995年)、72頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
大西の崩壊 豪雨
NO.
徳島1170

よく似た災害

昭和40年の大西のザレ

image

昭和40年(1965)9月、東祖谷山村大西地先で大崩壊発生(大西のザレ)。 続きを読む

昭和40年の大西のザレ

image

昭和40年(1965)9月10日、台風23号により、剣山で458ミリを観測するなど、高知県東部から徳島県西部にかけての山間部で豪雨があった。このため、... 続きを読む

昭和40年のがけ崩れ

image

昭和40年(1965)9月10日、台風23号により、東祖谷山村大西でがけ崩れが起こり、崩壊土量12万㎡、県道決壊300mに及んだ。(吉野川上・中流域の... 続きを読む

昭和51年の剣山周辺の崩壊

昭和51年(1976)、豪雨により、剣山周辺で大崩壊が起こった。 続きを読む

平成11年の土砂災害

平成11年(1999)6月29日、梅雨前線豪雨により、西祖谷山村を中心に土砂災害が発生した。祖谷川流域では、崩壊面積500㎡程度以上の山腹崩壊が「とび... 続きを読む