昭和51年の剣山周辺の崩壊

災害年月日
1976年00月00日
市町村
徳島県
災害種類
土砂災害  
概要
昭和51年(1976)、豪雨により、剣山周辺で大崩壊が起こった。
Googleマップ
参考文献
寺戸恒夫/編著「徳島の地理ー地域からのメッセージー」(徳島地理学会、1995年)、72頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
剣山周辺の崩壊 豪雨
NO.
徳島1171

よく似た災害

明治18年の茶園岳崩壊

image

明治18年(1885)、豪雨により、脇町西赤谷の茶園岳で大崩壊が起こった。 続きを読む

昭和30年の剣山地震

昭和30年(1955)7月27日午前10時20分頃、かなり強い地震が起こった。徳島測候所の発表によると、震度4、震源地は剣山周辺の那賀川上流付近であっ... 続きを読む

昭和29年の大西の崩壊

image

昭和29年(1954)、豪雨により、東祖谷山村大西で崩壊が起こった。 続きを読む

昭和47年7月の集中豪雨

昭和47年(1972)7月、前線により、集中豪雨。高知県の繁藤で大崩壊が起こった。 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月、豪雨により、海南町保瀬で大崩壊が起こり、47人の犠牲者を出した。この時も、高磯山の崩壊と同様に、崩壊した土砂が河谷を埋めて... 続きを読む