天保6年5月の風水害

災害年月日
1835年06月08日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
天保6年(1835)5月13日、14日、大雨、21日朝より極大雨、朝一番鳥の頃、水枕に相成り。川筋一円大いたみにて流れ物多、損田流失砂入、近代の大いたみの由、瑞巌寺山潮にて2尺ばかり入る。(「元木文書」による)/5月15日、21日~22日、風水害、39,280石余損亡。(「徳島県史料年表」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 山潮 元木文書 徳島県史料年表
NO.
徳島1206

よく似た災害

天保6年5月の風水害

天保6年(1835)5月13日、14日、大雨、21日朝より極大雨、朝一番鳥の頃、水枕に相成り。川筋一円大いたみにて流れ物多、損田流失砂入、近代の大いた... 続きを読む

天保13年8月の洪水

天保13年(1842)8月1日、洪水、先の水より7、8尺ばかり大なり。作物被害甚大。(「太平寺覚書」による) ※月日は新暦 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、先の水より7、8尺ばかり大なり。(「中村町水害史」による) 続きを読む

天保14年7月の洪水

天保14年(1843)7月6日、七夕水。(「神領村史」による)/5日晩より雨、6日未明よりごく大降り、7日夜5ツ時出水、9ツ時まで土手3合まで、御国水... 続きを読む

天保14年7月の洪水

天保14年(1843)7月6日、七夕水。(「神領村史」による)/5日晩より雨、6日未明よりごく大降り、7日夜5ツ時出水、9ツ時まで土手3合まで、御国水... 続きを読む