明治16年の干ばつ

災害年月日
1883年00月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
明治16年(1883)、干ばつ。10月20日、麦一粒も食わず、西井川の人々万じゅ沙華の根を掘る。(「辻風土記」による)/村民雨乞いのため神社に祈る。わらの餅を食う。(「大俣村誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 曼珠沙華 辻風土記 雨乞い 大俣村誌
NO.
徳島1215

よく似た災害

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつ。10月20日、麦一粒も食わず、西井川の人々万じゅ沙華の根を掘る。(「辻風土記」による)/村民雨乞いのため神社に祈る。わ... 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、大干害のため、村民は雨乞いのため神社に祈祷した。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつ。村民は雨乞いのため、神社に祈祷した。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつにより、村民は雨乞いのため神社で祈祷した。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、大旱害、わらの餅を食う(徳島県の災害)。 続きを読む