大正12年の干ばつ

災害年月日
1923年07月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
大正12年(1923)7月下旬から8月まで、甚だしい干ばつとなった。徳島では7月22日から8月30日の40日間に降雨日は3日であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
NO.
徳島1226

よく似た災害

大正12年の干ばつ

大正12年(1923)7月下旬から8月まで、甚だしい干ばつとなった。徳島では7月22日から8月30日の40日間に降雨日は3日であった。 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月13日から8月23日まで40日間降雨なく、日射強く稲作、甘藷ともに被害大であった。 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)7月4日から8月18日まで35日間降雨なく、日射猛烈で稲作、甘藷に害が多かった。 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月15日から8月23日にかけて、小雨が2回あっただけで、飲料水にも事欠くものが多かった。8月2日より3日間総雨乞いを行い、8月1... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)8月、干天が続いた。その後15日から25日まで連続的な微雨となったが、雨量は月合計で30~70ミリ、徳島では14ミリに過ぎなかっ... 続きを読む