大正14年9月の台風

災害年月日
1925年09月17日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正14年(1925)9月17日夜、台風が九州中部に上陸し、瀬戸内海を北東進した。徳島県内の雨量は100~200ミリに過ぎなかったが、吉野川上流地域で600ミリの豪雨となったため、本県で増水し、橋の流失、低地の浸水、山崩れ(鉄道事故)等多少の被害を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 山崩れ 鉄道事故
NO.
徳島1228

よく似た災害

大正14年9月の台風

大正14年(1925)9月17日夜、台風が九州中部に上陸し、瀬戸内海を北東進した。徳島県内の雨量は100~200ミリに過ぎなかったが、吉野川上流地域で... 続きを読む

大正14年の台風

大正14年(1925)9月17日、台風により、吉野川上流で600ミリ/日の豪雨のため、山崩れ、橋梁流失。 続きを読む

昭和15年の台風

昭和15年(1940)9月11日、台風、吉野川上流(高知)で500ミリ/日の豪雨。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風土記」、「三好郡志」等によ... 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、吉野川上流で600ミリ/日の豪雨のため、吉野川、井内谷川が氾濫し、徳島発の下り終列車が赤坂鉄橋(辻駅)の前で転覆脱線... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)、吉野川洪水。この時の洪水は、徳島県では雨が降らないのに、吉野川上流の高知県で豪雨のため、下流で洪水となる「土佐水」であった。 続きを読む