昭和12年の干ばつ

災害年月日
1937年08月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和12年(1937)8月、県内山地では100~200ミリの降雨に恵まれたが、海岸及び吉野川流域では甚だ少なくほとんど50ミリ以下であった。徳島では24.0ミリであった。/ほとんど米収なし。(「大俣村誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、51頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 大俣村誌
NO.
徳島1236

よく似た災害

昭和12年の干ばつ

昭和12年(1937)8月、県内山地では100~200ミリの降雨に恵まれたが、海岸及び吉野川流域では甚だ少なくほとんど50ミリ以下であった。徳島では2... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、春から降雨少なく、8月にわか雨程度で135日余りほとんど雨なく、惨状甚だしかった。 続きを読む

明治45年の干ばつ

明治45年(1912)春から梅雨季にかけ雨量甚だ少なく、農作物の被害大であった。 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月13日夜から15日にかけて、前線による雨が降り続いたが、最多地の剣山で331ミリのほかは割に少なく、県の北半では100ミリ以... 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月13日夜から15日にかけて、前線による雨が降り続いたが、最多地の剣山で331ミリのほかは割に少なく、県の北半では100ミリ以... 続きを読む