昭和13年の地震

災害年月日
1938年01月02日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和13年(1938)1月2日0時12分、田辺沖で地震が起こり、徳島県の大部分の最大震度は5であった。壁に割れ目が入る等の家屋の小破損が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、51頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
徳島1237

よく似た災害

昭和13年の地震

昭和13年(1938)1月2日0時12分、田辺沖で地震が起こり、徳島県の大部分の最大震度は5であった。壁に割れ目が入る等の家屋の小破損が出た。 続きを読む

昭和13年1月の地震

昭和13年(1938)1月12日午前0時12分、田辺沖で起きた地震では、県下の大部分で震度5を記録した。壁に割れ目が入るなどの被害があった。 続きを読む

昭和43年12月の地震

昭和43年(1968)12月11日午後8時45分、高知県南東部を震源とする地震があった。震度は3であった。 続きを読む

昭和43年8月の地震

昭和43年(1968)8月6日午後1時17分、豊後水道を震源とする地震が発生、徳島・穴吹の震度は3であった。 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日15時28分、安芸灘を震源とするM6.7の芸予地震が発生した。松山の震度は5強であった。北条市(現松山市)では2人の死... 続きを読む