昭和13年9月の台風

災害年月日
1938年09月05日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和13年(1938)9月5日11時7分頃、台風が牟岐から上陸し、徳島の真西を通って13時に北灘に抜けた。4日と5日の2日間に福原で780ミリと言われるなど短時間で強雨があったため、鮎喰川、勝浦川、穴吹川、貞光川、宮川内谷川、佐馬路川等の小河川で山崩れと氾濫があり、避難のいとまもなく一集落跡形なく全滅した所もあるほどであった。被害は死者44人、負傷者30人、行方不明15人、家の全壊166戸、半壊277戸、流失293戸、床上浸水1,145戸、床下浸水4,336戸、道路379箇所、橋流失101箇所等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、52-53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 洪水 死者
NO.
徳島1238

よく似た災害

昭和13年9月の台風

昭和13年(1938)9月5日11時7分頃、台風が牟岐から上陸し、徳島の真西を通って13時に北灘に抜けた。4日と5日の2日間に福原で780ミリと言われ... 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日の台風23号により、新居海岸は高波に見舞われて、護岸堤防工事中の防波コンクリート壁が跡形もなくなるほど粉砕された。 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月24日~25日、台風13号(テス台風)に伴い、雨量は300ミリに達し、吉野川の水位は警戒水位を突破するほどであった。川島商店... 続きを読む

昭和28年の台風2号

昭和28年(1953)6月7日、台風2号により、家屋浸水600戸、田畑の流失1町5反、冠水129町3反、農道36箇所、水路22箇所、井堰6箇所、護岸4... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)、鹿児島県桜島が大爆発を起こした。本町は遠距離であるが、灰が降ってきて、日中暗くなるほどであったという。 続きを読む