昭和25年のヘリーン台風

災害年月日
1950年07月27日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和25年(1950)7月27日、台風9号(ヘリーン台風)が九州南西海上に接近してぐずつき、その後西に移動した。雲早山の多雨地帯で日雨量150ミリ以上の雨量を降らせ、山間部で道路、山崩れ等多少の被害があった。被害は田畑冠水15町(阿波郡八幡町)、煙草3反倒伏(美馬郡三島村)、道路3箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、64頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
ヘリーン台風 大雨 山崩れ
NO.
徳島1250

よく似た災害

昭和25年のヘリーン台風

昭和25年(1950)7月27日、台風9号(ヘリーン台風)が九州南西海上に接近してぐずつき、その後西に移動した。雲早山の多雨地帯で日雨量150ミリ以上... 続きを読む

昭和25年のヘリーン台風

昭和25年(1950)7月28日、台風9号(ヘリーン台風)による大雨は高岡郡山間部に集中した。被害は冠水田31町、畑394町、道路決壊4箇所、堤防決壊... 続きを読む

昭和25年のヘリーン台風

昭和25年(1950)7月27日、ヘリーン台風により、県下に被害があった。 続きを読む

昭和25年のヘリーン台風

昭和25年(1950)7月27日、ヘリーン台風が四国南方海上をゆっくり西進したため、香川県東部で風雨が強く、大川郡小田村沖で貨物船が座礁し、農作物に被... 続きを読む

昭和25年のヘリーン台風

昭和25年(1950)7月27日から28日にかけて、台風が鹿児島西岸を北上後、西進した。27日の雨量は窪川200ミリ、大野見256ミリで、具同の水位は... 続きを読む