昭和30年の風雨・大雪

災害年月日
1955年02月20日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  雪害  
概要
昭和30年(1955)2月19日夜中に、低気圧の寒冷前線が徳島県を通って西寄りの暴風となり、30~50ミリの降雨となった。また、20日夜には雪が降り、21日朝止むまでに麻植郡を中心に昭和26年以来の大雪となった(海部郡は降らず)。積雪量は川田50cm、穴吹30cm、鴨島25cm等であった。被害は山・崖崩れ2箇所、通信被害2箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、71頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 大雪 山崩れ
NO.
徳島1266

よく似た災害

昭和30年の風雨・大雪

昭和30年(1955)2月19日夜中に、低気圧の寒冷前線が徳島県を通って西寄りの暴風となり、30~50ミリの降雨となった。また、20日夜には雪が降り、... 続きを読む

昭和47年12月の大雪

昭和47年(1972)12月1日、冬型の気圧配置により勝浦郡を中心に大雪となり、福原旭では約40cmの積雪があった。このため蜜柑の枝折れや凍害などの被... 続きを読む

昭和47年12月の大雪

昭和47年(1972)12月1日、冬型の気圧配置により勝浦郡を中心に大雪となり、福原旭では約40cmの積雪があった。このため蜜柑の枝折れや凍害などの被... 続きを読む

昭和62年1月の大雪

昭和62年(1987)1月12日~14日、強い冬型の気圧配置のため、山間部を中心に大雪となった。積雪は久万で55cm、中山で25cm、松山で5cmに及... 続きを読む

昭和43年の大雪

昭和43年(1968)2月15日、発達した四国沖低気圧により、明治40年2月11日以来の大雪となり、山間部では1m以上の積雪となった。国鉄、琴平電鉄は... 続きを読む