昭和31年7月~8月の干ばつ

災害年月日
1956年07月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和31年(1956)7月上旬梅雨明け後、16日にかなりまとまった雨が降ったほかは小範囲の雨が数字あっただけで、8月15日に及び、30日程度の無降雨となった。県下全般的に阿波、麻植、美馬郡等、水利の不便な地域で干天被害が起こり始めた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島1274

よく似た災害

昭和31年7月~8月の干ばつ

昭和31年(1956)7月上旬梅雨明け後、16日にかなりまとまった雨が降ったほかは小範囲の雨が数字あっただけで、8月15日に及び、30日程度の無降雨と... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日より8月15日にかけて、県下全般に雨らしい雨がなく、干ばつの被害大。(多度津測候所「香川県管内気象年報」による) 続きを読む

明治34年6月の豪雨

明治34年(1901)6月21日以降、梅雨前線上に低気圧が連続来襲し、降雨が続いたが、特に30日は豪雨となり、県下全般に総降水量は200ミリから300... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月14日、キジア台風により、県下全域で200ミリ以上の降雨があり、長浜では600ミリの降雨となった。県下の被害は死者・行方不明... 続きを読む

昭和35年の台風11号

昭和35年(1960)8月11日3時頃、台風11号が田野町付近に上陸し、北上した。室戸では10日夕刻から風が強まり、11日に最大風速48mを記録した。... 続きを読む