昭和31年10月30日の大雨

災害年月日
1956年10月30日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和31年(1956)10月30日、東シナ海で発生した低気圧が既に四国の南方にできていた前線を北上させて雷雨を伴う強い雨を降らせた。この日の雨量は椿泊264ミリ、富岡249ミリであった。被害は橘町で山崩れ1箇所、橘で田冠水3町、羽ノ浦で田冠水2町であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、74頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 山崩れ
NO.
徳島1278

よく似た災害

昭和31年10月30日の大雨

昭和31年(1956)10月30日、東シナ海で発生した低気圧が既に四国の南方にできていた前線を北上させて雷雨を伴う強い雨を降らせた。この日の雨量は椿泊... 続きを読む

昭和44年6月29日の大雨

昭和44年(1969)6月29日~7月2日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。29日の日降水量は剣山150ミリ、1日の日降水量は京上170ミリ... 続きを読む

昭和44年6月29日の大雨

昭和44年(1969)6月29日~7月2日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。29日の日降水量は剣山150ミリ、1日の日降水量は京上170ミリ... 続きを読む

昭和33年7月の大雨

昭和33年(1958)7月1日午前中、前線の南下に伴い香川県地方でかなり強い雨が降り、また3日朝にも前線の活動が強まりかなりの雨が降った。この2回の雨... 続きを読む

昭和47年9月13日の大雨

昭和47年(1972)9月13日~15日、低気圧が発達しながら東北東に進み温暖前線の活動が活発となり、大雨となった。日和佐では14日21時に1時間に1... 続きを読む