昭和34年の台風6号

災害年月日
1959年08月08日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和34年(1959)8月8日朝、台風6号が九州南端から夜中に四国南東部をかすめた。徳島県では6日朝から降雨が始まり、9日朝まで続いた。6日9時~9日9時の3日合計雨量は剣山で500ミリを越え、松尾川流域で400ミリを越えた。被害は床上浸水21戸、床下浸水62戸、冠水田129町、畑24町、道路7箇所、橋2箇所、山崩れ20箇所、鉄道1箇所、通信11箇所、漁船流失2隻に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、76頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 山崩れ
NO.
徳島1288

よく似た災害

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日朝、台風6号が九州南端から夜中に四国南東部をかすめた。徳島県では6日朝から降雨が始まり、9日朝まで続いた。6日9時~9日... 続きを読む

昭和34年の台風14号

昭和34年(1959)9月16日~17日、台風14号による2日間の雨量は剣山、雲早山、川上の広い範囲で200ミリを越えた。被害は負傷者1人、全壊1戸、... 続きを読む

昭和34年の台風14号

昭和34年(1959)9月16日~17日、台風14号による2日間の雨量は剣山、雲早山、川上の広い範囲で200ミリを越えた。被害は負傷者1人、全壊1戸、... 続きを読む

昭和29年6月29日の大雨

昭和29年(1954)6月29日~30日、梅雨前線が停滞し、剣山山系に大量の雨を降らせた。29日夜から30日朝にかけての15時間は雷を伴い、多雨地では... 続きを読む

昭和29年6月29日の大雨

昭和29年(1954)6月29日~30日、梅雨前線が停滞し、剣山山系に大量の雨を降らせた。29日夜から30日朝にかけての15時間は雷を伴い、多雨地では... 続きを読む