昭和35年の干ばつ

災害年月日
1960年02月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和35年(1960)2月、高温少雨のため、県下の野菜・果樹は多くの被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、78頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島1292

よく似た災害

昭和35年の干ばつ

昭和35年(1960)2月、高温少雨のため、県下の野菜・果樹は多くの被害が出た。 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)夏、梅雨の雨量は多かったが、梅雨明け以降から9月の台風期まで高温少雨の状態が続いたため、農作物に旱害による被害が出た。善通寺での... 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月22日~9月19日、干天、少雨により、果樹・野菜類の被害が多く出た。香川用水の取水制限が行われた。(香川県、高松気象台、引田... 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)7月、8月、近年まれな高温少雨のため、農作物は被害を受けた。 続きを読む

昭和37年の干ばつ

昭和37年(1962)7月~8月、近年稀な高温少雨のため、農作物に被害が大。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による) 続きを読む