昭和38年の台風3号

災害年月日
1963年06月13日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和38年(1963)6月13日22時頃、台風3号は宿毛市付近に上陸し、14日3時頃鳥取付近を通り日本海に入った。12日~13日に剣山で204ミリの降水量を記録した。被害は死者1人、床上浸水10戸、床下浸水65戸、山崩れ13箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、8頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 山崩れ
NO.
徳島1305

よく似た災害

昭和38年の台風3号

昭和38年(1963)6月13日22時頃、台風3号は宿毛市付近に上陸し、14日3時頃鳥取付近を通り日本海に入った。12日~13日に剣山で204ミリの降... 続きを読む

昭和29年の台風

昭和29年(1954)8月18日、雨台風により、魚梁瀬では347ミリの降雨量を記録し、奈半利川は大増水した。 続きを読む

昭和46年9月の大雨

昭和46年(1971)9月17日~18日、本州南岸に停滞した秋雨前線が活発化し、最多雨域の川上では日降水量249ミリ、総降水量261ミリ、また宍喰では... 続きを読む

昭和46年9月の大雨

昭和46年(1971)9月17日~18日、本州南岸に停滞した秋雨前線が活発化し、最多雨域の川上では日降水量249ミリ、総降水量261ミリ、また宍喰では... 続きを読む

昭和57年の台風19号

昭和57年(1982)8月24日~25日、台風19号が宇和島市付近に上陸し、大洲付近を通過した。南予の降水量は200~300ミリとなり、死者2人、負傷... 続きを読む