昭和44年の台風7号

災害年月日
1969年08月04日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和44年(1969)8月4日19時30分頃、台風7号が潮岬付近に上陸した後、北東進した。あまり強い風や大雨がなく、徳島県への影響は少なかった。総降水量は福原旭118ミリ、剣山115ミリであった。被害は家屋倒壊1戸、山崩れ1箇所、道路損壊であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県編「徳島県災異誌(続編)」(徳島県、1981年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
徳島1338

よく似た災害

昭和44年の台風7号

昭和44年(1969)8月4日19時30分頃、台風7号が潮岬付近に上陸した後、北東進した。あまり強い風や大雨がなく、徳島県への影響は少なかった。総降水... 続きを読む

昭和54年の台風12号

昭和54年(1979)9月1日~4日、台風12号により、総降水量は福原旭681ミリ、大竜寺572ミリ、日和佐472ミリ、旭丸372ミリ、木頭362ミリ... 続きを読む

昭和54年の台風12号

昭和54年(1979)9月1日~4日、台風12号により、総降水量は福原旭681ミリ、大竜寺572ミリ、日和佐472ミリ、旭丸372ミリ、木頭362ミリ... 続きを読む

昭和31年の台風12号

昭和31年(1956)9月9日~10日の台風12号は、九州西方海上を北上したため、香川県への影響は少なく、被害は木材流失2石だけであった。県下の雨量は... 続きを読む

昭和41年8月の豪雨

昭和41年(1966)8月13日~15日にわたり、県南部に豪雨があったが、海岸地帯が中心だったため、増水による下流への影響は少なかった。 続きを読む