昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分に大地震が発生した。地震発生後30分位して神田瀬川の水が引き始め、間もなく大波が押し寄せ、最盛時には二条通で腰までつかる浸水状況となった。人々は日峯山、芝生山等に避難した。また、地震により、海岸線の沈下や地盤変動が著しく、特に新港岸壁では約40cmの沈下が至る所に見られた。小松島の被害は死者1人、負傷者3人、家屋の流失2戸、全壊6戸、半壊10戸、床上浸水96戸、床下浸水248戸、堤防決壊3箇所、道路決壊1箇所、田畑浸水431町等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市消防本部編「小松島市消防史」(小松島市、1976年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 神田瀬川 津波 地盤沈下 死者
NO.
徳島1375

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海沖でM.81の大地震が発生した。県下では、21日午前4時19分頃、震度4~5の地震に襲われた。この時、北条... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、津波が沿岸を襲った。この津波は、襲来時間が夜明け前であり、しかも満潮時と重なったため、かなりの被... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では40~100cm、平均52cmの地盤沈下が認められ、高知県下で最大の沈下量を示している。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海地震が発生した。春野地方では、死者4人、負傷者5人、倒壊家屋44軒のほか、仁淀川の堤防には多くの... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、高松市の沈下量は約29cmに及んだ。キジア台風及びジェーン台風に伴う高潮の被害は漁港護岸500m、... 続きを読む