昭和28年のテス台風

災害年月日
1953年09月25日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
土砂災害  
概要
昭和28年(1953)9月23日~25日の3日間に、台風13号(テス台風)により、鮎喰川上流の雨量は600ミリを超えた。大雨のため、低地は氾濫し、板野郡は最大の被害を受け、徳島市、鳴門市がこれに継いだ。また、木頭村誌で記録されているように、森林の被害は室戸台風以来の大きさで、2万石以上と言われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局徳島工事事務所編「吉野川百年史」(建設省四国地方建設局徳島工事事務所、1993年)、258-259頁及び265頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
テス台風 鮎喰川 吉野川
NO.
徳島1380

よく似た災害

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月24日、台風13号(テス台風)により、風はさほどでもなかったが、雨は大降りし、鮎喰川上流では23日から25日の3日間に600... 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月24日、台風13号(テス台風)により、風はさほどでもなかったが、雨は大降りし、鮎喰川上流では23日から25日の3日間に600... 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月25日、台風13号(テス台風)により、山間部の木頭村では室戸台風以来の森林被害を発生し、低地部では大氾濫。 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月25日、台風13号(テス台風)が四国南方海上を東進した。本県は25日3時頃から15時頃にかけて暴風圏内に入った。土佐沖に停滞... 続きを読む

昭和28年のテス台風

昭和28年(1953)9月25日、台風13号(テス台風)が四国南方海上を北北東進した。土佐沖に停滞していた前線も活発になって中部山岳地帯には300ミリ... 続きを読む