明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年07月00日
市町村
徳島県那賀川流域
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)7月、大変な干ばつが続き、那賀川の水は不十分で稲が枯死寸前となり、農家が取水のために大変苦労した。この時、北岸の大井出堰(羽ノ浦町岩脇)と南岸の竹原堰(阿南市下大野町の通称ガマン堰)の水利組合員の間で水争いが起こった。
Googleマップ
参考文献
建設省四国地方建設局細川内ダム工事事務所編「ぐらふ那賀川」(建設省四国地方建設局細川内ダム工事事務所、1995年)、39頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 那賀川 水争い
NO.
徳島1415

よく似た災害

明治27年の水争い

明治27年(1894)、大干ばつのため、7月19日午前1時頃、竹原堰の下流にある大井手堰の組合員千人余が舟路の浚渫という名目で、竹原堰を縦断して400... 続きを読む

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月25日正午頃、木頭村大字大戸村(現上那賀町大戸)の標高約600mの高磯山が大崩壊し、崩積物は対岸の春森へ河床から約110mま... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日、台風16号が鹿児島県串木野市付近に上陸し、山口県防府市付近に再上陸した。那賀川では、総雨量が中・上流域で500~70... 続きを読む

明治6年10月の洪水

明治6年(1873)10月3日、吉野川、那賀川ともに洪水。羽ノ浦町妙見・岩脇間で堤防決壊、慶応2年寅の大水と同じ水位。板野郡では寅の水位が1尺低かった... 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月7日と18日、那賀川下流の平島村西原から羽ノ浦町古庄の堤防が決壊。 続きを読む