明治18年の茶園岳の大崩壊

災害年月日
1885年06月00日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治18年(1885)6月、吉野川支流曽江谷川本流の通称茶園の大崩壊で、上流7.3kmに及ぶ洪水を一時せき止め、その後せき止めた土砂が決壊しため下流一帯の耕地7.8haを流した。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第5巻」(徳島県、1966年)、563頁及び565頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
茶園岳の崩壊 曽江谷川 せき止め
NO.
徳島1473

よく似た災害

明治18年の茶園岳の崩壊

image

明治18年(1885)7月1日、降り続いた雨により、標高342.1mの茶園岳の西南斜面が、高さ約300mのところから曽江谷川に崩れ落ちた。崩れ落ちた土... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)7月、暴風雨により、那賀町上那賀の高磯山(611m)が崩壊し、流出した土砂で那賀川は流れをせき止められた。この時、平谷の妙法寺の... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、上那賀町の高磯山崩壊により、那賀川の水がせき止められ、薬師堂が浮いて約300m流され、せき止められた土砂の崩壊により再び元の場... 続きを読む

明治18年の茶園嶽の崩壊

明治18年(1886)7月1日、紀伊半島に上陸した台風により、阿讃山脈に集中的な豪雨があった。この時、曽江谷川沿いの茶園嶽で60町の大崩壊が発生し、人... 続きを読む

明治25年7月の台風

明治25年(1892)7月、台風による洪水と高潮のため、徳島市、名東郡、板野郡等で浸水被害が発生した。また、那賀川中流の高磯山が崩壊し、その後那賀川を... 続きを読む