明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)、三好郡で旱害、特に三名村で甚だし。しかし、三名村長の発案で行った備荒積立金が役立って、53戸176人が救助を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第5巻」(徳島県、1966年)、570頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 備荒積立金
NO.
徳島1478

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、雨がなく日照り続きであった。三名村では甘藷、とうもろこし、きび類頭が実らず枯死した。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)7月から8月にかけて、政友名をはじめ所々で雨乞いの祈祷をした。末貞名では三名村野鹿の池に水をもらいに行った。 続きを読む

明治32年の水害

明治32年(1899)9月8日、宮川内谷川の堤防決壊1千間。住宅の倒半壊多数あり。罹災救助法により救助を受けたもの11戸、47人。 続きを読む

明治32年の水害

明治32年(1899)9月8日、宮川内谷川で堤防決壊1千間、住家の倒壊・半壊多数あり。罹災救助法により救助を受けたもの11戸、47人。 続きを読む

明和6年の洪水

明和6年(1769)8月、大風、洪水。丸亀藩主が救助を行った。大野原を中心に義倉条約ができた。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災... 続きを読む