明治37年の干ばつ

災害年月日
1904年00月00日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
渇水  
概要
明治37年(1904)、大干ばつが発生した。これが契機になり、井内恭太郎らの尽力により、麻名用水が明治45年(1912)に完成した。
Googleマップ
参考画像
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、54頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 井内恭太郎 麻名用水
NO.
徳島1513

よく似た災害

明治32年の干ばつ

image

明治32年(1899)、大干害により、麻植郡・名西郡では麻名用水の開設促進が強く望まれ、明治39年から7年の歳月を費やして完成した。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)6月、干ばつにより農作物被害。(徳島気象台の記録による) なお、市場町の干ばつは昭和43年以降一度も発生していない。これは、昭和... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)の大干ばつにより、下麻生村組頭の窪田兵衛門が死罪を受けるという大水論が起こったことを契機として、伊予市八倉・宮下及び松前町徳丸・出... 続きを読む

明治26年の干ばつ

image

明治26年(1893)、水不足となったが、これまでの水争いに疲れていた新改川沿川の村の人たちは、雨乞いをした。この時に持ち上がったのが甫喜ヶ峰(ほきが... 続きを読む

元禄3年の干ばつ

image

元禄3年(1690)、大干ばつに見舞われた。勝田池は底を見せ、田は干割れした。この干ばつを契機に、翌4年には勝田池の増築が開始され、元禄8年に完成した... 続きを読む