明治32年の土砂災害

災害年月日
1899年08月28日
市町村
徳島県吉野川上流域
災害種類
土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風により、吉野川上流域で土砂災害が起こり、被害は死者16人、行方不明32人、全壊74戸に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害による)
Googleマップ
参考文献
建設局四国地方建設局四国山地砂防工事事務所編「ここに人あり、山河あり 吉野川直轄砂防三十周年」(建設局四国地方建設局四国山地砂防工事事務所、2001年)、14頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
土砂災害 台風 吉野川 死者
NO.
徳島1517

よく似た災害

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日、低気圧により、土佐山田町繁藤でがけ崩れが起こり、被害は59人、行方不明1人、全半壊13戸、負傷者7人、崩壊土量10万㎡... 続きを読む

明治30年のがけ崩れ

明治30年(1897)9月29日、台風により、西祖谷山村閑定でがけ崩れが起こり、被害は死者5人、家屋全壊1戸に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害... 続きを読む

昭和47年9月の土石流

昭和47年(1972)9月8日、秋雨前線と熱帯低気圧により、土佐町田井で土石流が起こり、被害は死者2人、負傷者3人、家屋全壊2戸に及んだ。(吉野川上・... 続きを読む

昭和3年の土石流

昭和3年(1928)8月30日、台風により、大豊町字筏木で土石流が起こり、被害は死者8人、全壊1戸、橋梁流出1橋に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂... 続きを読む

昭和50年の土砂災害

昭和50年(1975)8月22日未明より襲来した台風5号は、徳島県下に記録的な豪雨をもたらし、最高雨量は剣山で812ミリに達した。県下の被害は死者15... 続きを読む