平成5年10月の崖崩れ

災害年月日
1993年10月09日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
土砂災害  
概要
平成5年(1993)10月9日、前線による大雨のため、山城町西宇でがけ崩れが起こり、国道32号は全面通行止め29日、片側通行129日に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害による)
Googleマップ
参考文献
建設局四国地方建設局四国山地砂防工事事務所編「ここに人あり、山河あり 吉野川直轄砂防三十周年」(建設局四国地方建設局四国山地砂防工事事務所、2001年)、14頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
崖崩れ 前線 山城町西宇 国道32号 通行止
NO.
徳島1522

よく似た災害

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

昭和54年の土砂崩れ

昭和54年(1979)9月4日、土砂崩れのため、国道32号が南国市成合で全面通行止めとなったが、8日に片側通行。 続きを読む

昭和62年5月の崖崩れ

昭和62年(1987)5月22日、低気圧が前線を伴って西日本を通過したため、雨が県中部山岳部から南部の宍喰にかけて多く降った。この雨により、22日20... 続きを読む

昭和54年の土砂崩れ

昭和54年(1979)7月20日、土砂崩れにより国道33号全面通行止め。写真3枚。 続きを読む

平成5年7月のがけ崩れ

平成5年(1993)7月28日、台風5号により、山城町下名でがけ崩れが起こり、被害は死者2人、家屋全壊1戸に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂災害に... 続きを読む