明治25年の保瀬の崩壊

災害年月日
1892年07月25日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月25日、豪雨が海部川上流や那賀川上流を襲ったため、保瀬で大崩壊(土量約200万立米)が起こり、海部川の水を堰き止めた。このため、寒が瀬一帯は濁流に没し、4戸埋没、8戸流失、死者47人に被害を出し、上流一里半の樫谷の大杉の鞘が水に隠れ、さらに上流の轟神社の扁額が半分水に浸かった。(「海部郡誌」による)/堰き止められた水が一斉に流下して大氾濫を起こすかも知れないという情報は上流から下流に伝えられたため、下流部では人的被害はなかった。(「海南町史上巻」による)
Googleマップ
備考
平井には保瀬大崩壊の碑が2つ建っている。一つは平成5年に再建された碑であり、もう一つは昭和10年に建立された旧碑である。
参考画像
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、24頁及び37頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
保瀬の崩壊 海部川 死者 天然ダム 情報伝達
NO.
徳島1527

よく似た災害

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午前10時頃、川上村大字平井の保瀬の右岸山上が大崩壊した。山の土砂が海部川を堰き止め、洪水は逆流し、寒ヶ瀬一帯は濁流に... 続きを読む

明治25年の杖追の崩壊

明治25年(1892)7月25日午前3時頃、川上村大字小川の杖追が崩壊して、海部川を堰き止めた。堰き止めにより、小川では川沿いの低地にあった家々と小川... 続きを読む

明治25年の保勢崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午後2時頃、保勢山の中腹が幅300m、長さ800mにわたり崩壊して、海部川を堰き止めた。崩壊により北岸の山麓にあった3... 続きを読む

明治25年の保勢の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午後2時頃、保勢が崩壊して、海部川を堰き止めた。崩壊により北岸の山麓にあった3家族11人及び山稼ぎ36人、馬3頭が家屋... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、上那賀町の高磯山崩壊により、那賀川の水がせき止められ、薬師堂が浮いて約300m流され、せき止められた土砂の崩壊により再び元の場... 続きを読む