昭和13年の台風

災害年月日
1938年09月05日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和13年(1938)9月5日、台風により、勝浦川、鮎喰川では未曾有の大洪水となった。山崩れも発生した。
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、37頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
洪水 台風 勝浦川 鮎喰川 山崩れ
NO.
徳島1540

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、肱川の大洪水により、大洲盆地で大氾濫が起こり、死傷者131人、流失家屋554戸、床上浸水6,940戸など未曾有の被害が発生... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風に伴う豪雨のため、長者川は未曾有の大洪水を起こし、旧長者村では10人の死者を出すとともに、長者川上流の古生寺では... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、梅雨入りから雨降らず、未曾有の大干ばつとなった。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月10日~12日、台風17号により、3日3晩未曾有の大洪水に襲われ、住宅半壊1棟、一部破損9棟、床上浸水250世帯、その他町内... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日、台風17号による集中豪雨に襲われ、町内全域で山津波、山崩れによる土石流、急傾斜地の崩壊、河川の決壊などが発生し、多数の... 続きを読む