大正元年の台風

災害年月日
1912年09月22日
市町村
愛媛県四国中央市(川之江市)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月22日夜半、台風が高知付近に上陸し、神戸、若狭湾を通過して日本海に出た。川之江では三日三晩豪雨が降り続き、未曾有の大水となった。金生川は全域にわたり堤防の警戒水域をはるかに超え、水が堤防を乗り越えたり、堤防を決壊させ、家屋の浸水や田畑の浸水・流失はほとんど全域に及んだ。橋梁は川之江橋、金生橋、椿堂橋を除いて全部流失し、道路も各所で破損流失した。家屋の全壊・半壊も多く、死傷者が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川之江市誌編さん会編「川之江市誌」(川之江市、1984年)、579頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 金生川 堤防決壊 死者
NO.
愛媛2002

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月10日から3日間雨が降り続き、13日には川之江の町内各所で金生川の洪水により町内は泥海と化した。家屋の浸水はほとんど全町に及び... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、金生川の大水により、葱尾、椿堂、石川で家屋10数戸、田畑5haが流された。川原田橋付近の堤防が数m切れ、川之江町馬場から川之江河... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日夜から23日午前にかけて襲来した台風により、春日川上流の西植田村では家屋の流失・浸水、中谷青池の堤防決壊、道路の破損等の... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日午後2時より大雨となり、11時30分より翌23日午前1時30分の間に最も猛烈となり、6時5分全町に浸水。道路、堤防等の破... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日午後2時より大雨となり、午後11時30分より翌23日午前1時30分まで暴風雨が猛烈を極め、午前6時5分に浸水が全町に及ん... 続きを読む