寛政3年の風雨

災害年月日
1791年08月00日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
風水害  
概要
寛政3年(1791)7月、8月に大雨風があり、農作物に被害があった。前年は大干ばつで農作物の被害が甚大で、翌年も大干ばつと洪水が重なり、3年連続の被害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、554頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨
NO.
愛媛2012

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日の雨量は、7月85ミリ、8月17.4ミリで大干ばつとなり、農作物に大きな被害が出た。60年来の大干ばつであっ... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日の雨量は、6ミリ(「愛媛県史概説」による)で大干ばつとなり、農作物に大きな被害が出た。60年来の大干ばつであ... 続きを読む

昭和40年の干ばつ

昭和40年(1965)8月、70年来の記録的な干ばつのため、農作物の被害が甚大であった。 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)、高松藩領、大干ばつとなる。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつで、稲作及び農作物などに甚大な被害があった。松山の降水量は37日間で16ミリであった。 続きを読む