天保6年の台風

災害年月日
1835年08月17日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
風水害  
概要
天保6年(1835)7月23日、暴風雨による洪水発生。広瀬舟守り、舟とともに遭難。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、554頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
愛媛2013

よく似た災害

天保12年・13年の台風・洪水

天保12年(1841)と天保13年(1842)にわたり大暴風雨や大洪水が起こり、その上ウンカが発生した。 続きを読む

天保13年の台風

天保13年(1842)6月25日、大暴風雨。 続きを読む

大正元年9月21日の台風

大正元年(1912)9月21日、暴風雨のため、栗林公園も全域水浸しになった。栗林村や室の住民は、紫雲山、室山、観興寺の裏山などに避難して暴風雨が収まる... 続きを読む

天保8年の台風

天保8年(1837)8月6日、暴風雨のため、室津港と津呂港が大破する。 続きを読む

天保7年の台風

天保7年(1836)7月7日、二日間暴風雨、洪水により、死者2人、53,368石減収。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」... 続きを読む