明治18年の台風

災害年月日
1885年07月05日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)7月5日、暴風雨。特に風害が大きく、軒並み家屋被害を受け、倒壊、屋根破損。農作物の風害も甚大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、554頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 風害
NO.
愛媛2015

よく似た災害

明治22年の台風

明治22年(1889)8月19日、暴風雨により倒壊家屋13戸のほか、道路堤の破壊、農作物の損傷も甚大であった。 続きを読む

大正6年の台風

大正6年(1917)8月3日、台風が室戸岬に上陸し、北上して台風の中心が土成町を通過した。風速16.3mの西風の直撃を受けたため、神社の古木で倒伏する... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月、暴風雨により僧都川が氾濫し、架け替えたばかりの観栄橋が流され、田畑の浸水、農作物の被害も甚大であった。その復旧はくわ、じょ... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)6月、長雨による農作物の被害は甚大であった。天災融資法の適用を受けた。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月14日、台風10号来襲、橘・当浜間県道でがけ崩れがあった。農作物の被害も大であった。 続きを読む