昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸から大阪に向けて室戸台風が通過した。新立村の被害は、死者2人、住宅の全壊7戸、床上浸水20戸、納屋全壊9棟、農地流失17ha、山崩れ18箇所、道路決壊11箇所、橋流失7箇所、その他農作物の被害甚大。義捐金や新立村・上山村からの支出、被災軽少の村民からの拠出金により被災者を救援した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、554頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 新立村 死者
NO.
愛媛2016

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風は室戸岬から淡路島、大阪湾をへて近畿地方に上陸した。県下の被害は、死者18人、行方不明1人、負傷者30人、家屋... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日早暁、台風が室戸の西方に上陸し、徳島市の西方を過ぎ、淡路島を縦貫して兵庫県より北越に出た。21日午前5時10分、室戸測候... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風のため、香川県の被害は死者18人、行方不明1人、負傷者30人、家屋の全壊938戸、半壊728戸、浸水3,315... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が来襲、室戸岬測候所で最低気圧684ミリの世界新記録。県下の被害は死者28人、家屋の全壊85戸、半壊71戸、道... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利に上陸し、県内の死者・行方不明122人、家屋の全壊1,956戸、半壊2,565戸、流失923戸の被害が... 続きを読む