昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
愛媛県四国中央市(新宮村)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)、長崎から日本海を北上した台風17号に伴い秋雨前線が刺激され、9月8日から13日までの6日間、連日豪雨が続いた。最大日雨量は399ミリを示し、連続雨量は800ミリを超え、平年の年間雨量の半分に達する豪雨であった。収穫前の農作物は発芽し、浸水により被害甚大。道路災害多数。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新宮村誌編纂委員会編「新宮村誌 歴史行政編」(新宮村、1998年)、555頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 秋雨前線
NO.
愛媛2020

よく似た災害

昭和54年の台風20号

昭和54年(1979)10月19日、台風20号により、時間雨量50ミリ、日雨量225ミリに達する。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む

平成5年の台風5号

平成5年(1993)7月26日~28日、県中部を中心に各地で時間雨量60ミリを超える豪雨。梼原の総降雨量は427ミリ。 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号による豪雨のため、門入雨量観測所では13時~15時の時間雨量が76ミリ、72ミリを観測し、それに15時~... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月15日、台風24号の影響による豪雨のため、長者で257ミリ、池川町で410ミリ、時間雨量50ミリを記録した。 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日の総降水量は942ミリに達する豪雨となり、吉田病院裏堤防の決壊と高潮により、東・西・北の三小路が冠水した。 続きを読む