享保11年の台風

災害年月日
1726年10月18日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
風水害  
概要
享保11年(1726)9月23日、台風により大洪水となり、瓜尻村の大津谷用水が破壊されて大きな損害を被った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 上巻」(伊予三島市、1984年)、371-372頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 瓜谷村 大津谷用水
NO.
愛媛2025

よく似た災害

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日の暴風雨により、水稲、蔬菜に大きな損害を被った。水稲で5割以上減収39町歩、4割減収60町歩、3割以下減収280町歩で... 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日、暴風雨により、水稲の被害が2割以上減収45町歩、1割以下減収343町歩に及んだ。その他農作物の被害も相当な損害を被っ... 続きを読む

昭和29年の台風

昭和29年(1954)の台風は、足代小学校の旧校舎を倒し、美濃田、山口等の家屋を倒し、屋根をとばし、山林の大木を倒し、鷲羽神社の大木をなぎ倒し、中村の... 続きを読む

享保12年の台風

享保12年(1727)、大風により、家屋が破壊、木が折れ、船が破壊。(高松藩の災害記録) 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月、台風18号により、美馬郡、三好郡は大きな損害を受けた。青石潜水橋(延長144mのうち48m)と橋の北側堤防が流失したり、両... 続きを読む