安政2年の洪水

災害年月日
1855年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
風水害  
概要
安政2年(1855)、大暴風洪水により、郡内は凶作となり、困窮者があふれた。三島神社境内にお救い小屋を設け、粥の炊き出しを行い、餓死者が出ないようにした。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 中巻」(伊予三島市、1986年)、507頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 三島神社 お救い小屋
NO.
愛媛2030

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)、洪水が起こった。三島神社にお救い小屋をつくり、お粥の炊き出しを行った。 続きを読む

安政2年の洪水

安政2年(1855)、大暴風洪水により、郡内は凶作となった。困窮者があふれ、三島神社で救援囲米を用いてお救い粥の炊き出しを行い、餓死者が出ないように救... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震により、震動数日に及び、人々は竹やぶ内に仮小屋を設けるなどして難に備えた 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震があった。今日に伝えるところでは、震動は数日に及び、人心は安まらず、人々は竹やぶに仮小屋を設け、夜具、炊事用品を運んで一家... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後5時頃より夜半まで激震、人家の壁や屋根瓦等が墜落し、家屋の半壊等もあった。また、地面の諸所に亀裂を生じ、人々は仮小屋... 続きを読む