元禄7年の大火

災害年月日
1694年05月18日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
火災  
概要
元禄7年(1694)4月25日、別子銅山の沢田ご番所あたりの焼鉱窯から飛んだ火が枯れ木に燃え移り、次第に火勢を増して、住家、事務所、その他の建物をなめつくし、火は別子の山をおおった。人々は逃げ場を失い、猛火の中132人が焼死した。住友家は、亡くなった人々の霊をなぐさめるため、蘭塔婆という墓所をつくって毎年慰霊祭を行った。現在、蘭塔婆は角野町瑞応寺の境内に移設されている。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
別子山村史編纂委員会編「別子山村史」(別子山村、1981年)、51-52頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 別子銅山 死者 蘭塔婆 瑞応寺
NO.
愛媛2112

よく似た災害

元禄7年の火災

image

元禄7年(1694)4月25日午前10時頃、別子銅山の竃場から失火し、烈風に煽られ火の手は八方に燃え広がった。火は午後3時頃まで燃え続けて全山の施設の... 続きを読む

元禄7年の大火

元禄7年(1694)、別子銅山で大火、死者多数。(「災害の歴史」、「愛媛社会経済年表」、その他郷土資料による) 続きを読む

元禄7年の別子銅山の火災

image

元禄7年(1694)4月25日午前10時頃、別子銅山の竈場から出火し、烈風にあおられて燃え広がり、午後3時頃まで燃え続けた。全山の施設のほとんどを焼失... 続きを読む

大正5年の大火

大正5年(1916)4月24日、槇野々の邑の中心から出火し、強風にあおられ7戸をなめ尽くす大野見史上類を見ない大火となった。氏神二宮神社も焼失し、貴重... 続きを読む

元禄11年の大火

元禄11年(1698)1月21日、東新町より出火し、町分は残りなく焼失し、焼け野原となった。(「富岡町志」による) 続きを読む